ゆるproメモ帳

思ったこと、好きなこと、買ったもの

【ネイルメモ】ミラーと雲の曇天ネイル☁️

こんにちはこんばんはおはようございます。

えすです。

 

今日はセルフで毎回やっているジェルネイルを新調したのでご紹介〜

と、言っても正直自分では納得いかなかったのですが、、

 

私のセルフネイル歴は、、

不慣れで削りすぎてお休み期間を取ったり、仕事がなかなかに忙しくてネイルの時間が取れなかったりを繰り返していましたが、かれこれ4、5年になると思います。

 

f:id:s821:20210526223636j:plain

f:id:s821:20210526223640j:plain

 

梅雨なので、もくもくな雲とか曇天とかをイメージしたネイルかわいいな〜なんて思って作ってみました。

 

 

工程は

ベースジェル→ノンワイプトップジェル→ミラーパウダー→クリアジェル(厚みだし)→ノンワイプトップジェル→スカルプで雲作り→ホワイトのカラージェルで雲を塗り塗り→雲の部分のみマットトップ

 

雲は、スカルプをぽちょっと垂らして固めてを繰り返して作りました。

 

なんといっても雲を作るのに苦戦アンド失敗が多かったです。
なので今日は次回の反省も書いて次のネイルアートに生かしたいと思いますー!

 

f:id:s821:20210526223616j:plain

 

もっと上手に雲のアートができればベースをクリアな水色とかにして晴天ネイルとかもできたり飴のネイルとかにも応用できそう。

 

【反省点】

・雲を描く位置

・雲を描くときの筆の大きさ

・スカルプジェルの扱い

 

雲を描く位置

→爪先などに置いたため、日常的に家事をする私には少し不便。全く生活ができないということでもないが、リフトの原因になったり、モチが悪い原因になりそう。

 

雲を描くときの筆の大きさ

→雲を作るとき、小さい筆にたっぷりスカルプを取ってぽちょっと垂らしてましたが、正直小さすぎる。爪の大きさに合わせてバランスを見て小さい筆を使うケースもあると思うが、私の場合はクリアジェル用の通常サイズの筆でちょうどよかった。筆が小さいと上の画像の親指上部のようにココナッツミルクタピオカみたいになってしまいました。(涙)

 

スカルプジェルの扱い

→とくに雲アートをする際はスピード勝負だということがわかった。

スカルプジェルを今回初めて使ったため、不慣れだったということもあるが、通常よりテクスチャーの硬いジェルという認識でいたため、雲を作った際にかなりのんびり納得の形になるまで固めていなかった。でも実際はノンワイプトップやベースジェルほどではないものの、セルフレベリングという特性はあるのでみょーんと広がってしまい、立体感のない雲ができてしまいました。
次回雲のネイルを行う際は、垂らしてすぐ硬化することを意識したら綺麗にできそう。可能であれば手で持つタイプのライトを使用して仮硬化を行うともっと綺麗な仕上がりになると思う。

 

f:id:s821:20210526223627j:plain

理想に近かったのは右手親指。

・・・とまあここで公開する最初のネイルアートにしてはちょっと残念な感じになっちゃったのですが、次に生かすぞー!